iPhoneの万が一の時の対策

iPhoneは身につけておくという方が多いスマートフォンです。そのため、さまざまな問題が発生することが多いようです。
1つは破損や水没など、利用できなくなる場合です。

1つはどちらの場合も電源を切れるならすぐに切って最寄りの通信キャリアのお店やAppleに連絡するとよいです。

iPhone6sのサイズ関する情報選びで困った時に見てほしいサイトです。

最寄りの店まで遠い時には水没については乾燥剤などがあれば一緒にして密封した袋に入れておくと良いです。

乾燥剤はお菓子についていますし、100均ストアでも売っています。


破損した場合は特にガラス部分には注意が必要です。

破片が鋭利ですし、崩れやすいです。


このような場合、修理ができますが、注意したいのはデータ復旧はほぼ難しいということです。

iPhoneは精密機種なので修理が難しいことも少なくなく、交換対応も少なくないようです。

知って納得のiPhone6sの機種変更に関する特集の情報が満載です。

交換対応になった場合や修理ができた場合でも多くの場合、データ復旧は難しいです。
そのため、日頃のiPhoneのバックアップが重要です。

バックアップはicloudと呼ばれるアップル社のクラウドサービスかPCやMacとつなげてのitumesによるバックアップが可能です。

icloudは定期的に自動で行われるように設定できますが、通信パケットを消費しますのでWIFIが無い場合にはPCやMacへのバックアップがオススメです。


2つ目はデータの入れすぎによる動作不良です。
満杯までアプリなどを入れてしまった場合には不要なものをどんどん消すと安定動作が行えることが多いです。

iPhone6sのスペックの情報を公開しているサイトです。